絶品ベーコンのアヒージョ レシピ・作り方・失敗しないコツ

ベーコンのアヒージョ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

塩漬けベーコンとジューシーな油、オリーブオイルの香りが絶品のベーコンアヒージョ。アヒージョと言えば野菜や海鮮がメジャーですが、実は鶏肉やソーセージ、ベーコンといった肉の具材ともよく合います。特に肉を使ったアヒージョはワインやビールといった冷えたアルコールによく合うのが特徴です。今回はベーコンのアヒージョの作り方、レシピをご紹介致します。

カセ
私がレシピをご紹介します、カセです

 

燻製オリーブオイル

用意する材料

二人分の材料でご紹介します。

  • ブロックのベーコン…80~100g
  • オリーブオイル…40ml
  • にんにく…1片(もしくは小2片)
  • 赤唐辛子…1本(もしくは小2本)
  • 黒こしょう…少々
  • イタリアンパセリ…少々

厚切りベーコンの方がボリュームたっぷりでゴージャス感がアップするのでオススメです。

カセ
アヒージョに使うオリーブオイルは、燻製オリーブがおすすめです。

ベーコンのアヒージョの作り方

1.にんにくの皮を向いて薄切りに、赤唐辛子は四等分にカットします。イタリアンパセリを細かく刻みます。ベーコンは厚めに切ります。

2.フライパンに少量のオリーブオイル(分量外)をひき、ベーコンを焼きます。もともとベーコンに塩でしっかり味付けされているので、塩コショウは加えなくても大丈夫です。

ベーコンを炒める

3.カスエラ(陶の器)、もしくは鋳物、鉄の小鍋にオリーブオイル40ml、にんにくを加えて弱火にかけます。

オリーブオイルとにんにく

4.にんにくの周りに小さい泡が立ち始めたら、カットした赤唐辛子を加えます。

オリーブオイルと赤唐辛子

5.にんにくがきつね色になったら焼いたベーコンを加え、全体に油が回るようにサッと煮ます。

オリーブオイルとベーコン

6.火から降ろし、イタリアンパセリと黒こしょうをふりかけて完成です。

ベーコンのアヒージョ 全体

ベーコンのアヒージョ コツ・ポイント

  • アヒージョはもちろん熱々のうちに食べるのがオススメですが、器と油が大変熱くなっていますので持ち運びには十分に注意しましょう。
  • ベーコンは厚めに切りすぎると中に火が通りづらくなるので注意しましょう。
  • 食べ終わったあとの残ったオリーブオイルをは、パンに付けて食べたり、茹でたパスタと絡めたり、野菜のドレッシングとして使用できます。詳しくはこちら→残りオリーブオイルの利用方法
カセ
それではまた別のレシピでお会いしましょう。

アヒージョのその他のレシピはコチラ→簡単すぎる!美味しい人気アヒージョレシピ【まとめ】


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

仕上げにサッとかけて美味しい!カセ秘密の美味しい食べ方

アヒージョの仕上げにサッと一振り、お店のような上品でお洒落な味に仕上がります。

食品調味料販売員カセが見つけた「燻製の香り」+「オリーブオイル」の珍しい調味料、それが燻製オリーブオイルです。

カセ
かけるだけで燻製の美味しい風味になるから驚きです!

アヒージョに燻製の香りは意外に思うかもしれませんが、これが本当によく合います!おもてなしで出したら、友達が驚くこと間違いなしです!

カセ
おもてなしやホームパーティで一味違うご馳走を出したい時にオススメです。

 

▼燻製オリーブオイルの詳細はコチラ▼


「燻製オリーブオイル」を詳しく見る

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*