シーザーサラダのレシピ・作り方・調理法と手作ドレッシング

シーザーサラダ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【この記事を書いた人】カセ
食品調味料販売に携わりながら、「お客さんに知ってもらうためには自分で料理できなきゃ意味がない!」の精神で料理を学んでいます。調理に関する気付きを日々発信しております。⇒【詳しいプロフィールはコチラ

レタスとベーコン、タマゴ、そして何よりメインのシーザードレッシングにより見た目にもとってもキレイなシーザーサラダ。お友達に、彼氏に、家族に喜ばれるシーザーサラダの作り方をご紹介します。

用意する材料

二人分の材料でご紹介します。

  • レタス…3枚
  • プリーツレタス…3枚
  • トレビス(お好みで)…1枚
  • クレソン…4本
  • サニーレタス(クレソンが無い場合)…1枚
  • ゆで卵…1個
  • 厚切りベーコン…40g
  • オリーブオイル…大さじ1
  • クルトン(お好みで)…10g
  • カッテージチーズ…40g
  • パルメザンチーズ(カッテージチーズが無い場合)…40g
  • 手作りシーザードレッシング(後述)…大さじ3

レタスの盛り付けにトレビスを加えることで鮮やかな色合いにしますが、お近くのお店にトレビスが見つからない場合はサニーレタスなどをお使いください。またカッテージチーズを使うのが望ましいですが、ない場合はパルメザンチーズでも代用可能です(パルメザンチーズはドレッシング作りの時にも使います)。

シーザードレッシングの作り方

シーザードレッシングの作り方

シーザーサラダのキモとなるのがこのシーザードレッシング!市販でも多くのシーザードレッシングが販売されていますが、やはり手作りとは味が全然違います。一からドレッシングを手作りして相手を唸らせるサラダに変身させましょう。

  • マヨネーズ…大さじ2
  • オリーブオイル…大さじ1/2
  • にんにくのみじん切り…少々
  • アンチョビ…1/4枚
  • レモン果汁…小さじ1
  • マスタード…小さじ1/4
  • 塩…少々
  • 黒こしょう…少々
  • 牛乳…小さじ1
  • パルメザンチーズ…大さじ1

アンチョビを細かく叩いてから、にんにくのみじん切りと軽く混ぜ、残りの材料を加えてしっかり混ぜ合わせます。この時、にんにくを入れすぎると辛くなってしまうため、苦手な人は味を見ながらにんにくを加えていきましょう。

シーザーサラダの作り方

  1. レタス、プリーツレタス、トレビス、クレソンを食べやすい大きさにちぎる。このとき、トレビスが無い場合はサニーレタスで代用し、食べやすい大きさにちぎる。
  2. ゆで卵は縦に四等分に切り、盛り付ける。ベーコンは厚切りの物を選び、棒状に切ってから炒める。サラダ油ではなくオリーブオイルで炒めるのがポイントです。
  3. 1で用意した野菜を盛り付けてから、ゆで卵、ベーコン、カッテージチーズを乗せ(無い場合はパルメザンチーズを振りかけます)、シーザードレッシングをかけてからクルトンを散らして完成です。

シーザーサラダ 全体像

シーザーサラダのコツ・ポイント

何といってもドレッシングが決め手です!市販のドレッシングと手作りドレッシングで味が全然変わりますので、断然手作りがオススメです。ドレッシングにはアンチョビとにんにくのみじん切りを加えますが、どちらも分量が多すぎると味がキツくなってしまいます。様子を見ながら少しづつ加えて味を調整しましょう。

また、ベーコンを炒める際はサラダ油ではなくオリーブオイルを使うと風味が豊かになるのでオススメです。


いつものサラダと一味違う!特別なドレッシングを作る方法

ドレッシングにほんの少し混ぜるだけで、燻製の豊かな風味をプラスします。

食品調味料販売員カセが見つけた「燻製の香り」+「オリーブオイル」の珍しい調味料、それが燻製オリーブオイルです。

カセ
ドレッシングに混ぜるだけで燻製の美味しい風味になるから驚きです!

燻製オリーブオイルだけでドレッシングを作ると燻製の風味が強すぎるため、いつものオリーブオイルに1/3だけ混ぜるようにして使うと美味しく仕上がります。

カセ
おもてなしやホームパーティで一味違うご馳走を出したい時にオススメです。

 

▼燻製オリーブオイルの詳細はコチラ▼


「燻製オリーブオイル」商品ページを確認する