料理のお役立ち情報・豆知識

オリーブオイルは揚げ物にも使える?サラダ油との違いは?

オリーブオイル

オリーブオイルと言えば、サラダのドレッシングに混ぜて食べたり、パスタの最後に絡ませて食べたりと、フレッシュなものをそのまま食べるイメージですが、実は揚げ物に最適なのです。スペインやイタリアではオリーブオイルで揚げ物をするのが普通ですし、近年日本でもその認識が高まってきています。揚げ油としてのオリーブオイルの特徴と、普通のサラダ油とどう違うのか、ご紹介いたします。

続きを読む

【よくある筑前煮の失敗】味が薄い、野菜に味がしみ込まない

筑前煮

野菜たっぷりで健康に良く、甘じょっぱいたれが美味しい筑前煮。お母さんの味としても定番の料理ですよね。彼氏や旦那様、お子さん達にサッと華麗に作ってあげることができたら本当にかっこいい!でも、作り始めると中々難しいのが煮物料理。特に筑前煮は煮込む際に野菜・こんにゃくから水が溶けだすため最初はバッチリと思っていても、完成すると薄味になってしまったなんてことがよくあります。今回はお家で簡単に美味しく作れるよう、美味しい筑前煮の作り方をご紹介します。

続きを読む

【よくある親子丼の失敗】卵がふわふわ半熟にならない、固まってしまう

親子丼

折角お家で親子丼を作ったのに、火を通しすぎて卵が固まってしまった…そんな経験ありませんか?全体のレシピをみるととっても簡単な親子丼ですが、実はこの卵の火加減だけは非常に難しいのです。プロの料理人でさえ、親子丼を綺麗に美しく作るのは難しいと言うほどです。今回はお家でふわふわ半熟卵の親子丼を作るためのコツをご紹介します。

続きを読む

【よくある肉じゃがの失敗】ニンジン、ジャガイモがかたい

肉じゃが

折角お家で肉じゃが作ったのに、ニンジン・ジャガイモがかたくて失敗してしまった…という経験ありませんか?主婦の方なら一度は経験があるかと思います。ニンジンがかたいと子供が嫌って食べてくれないし、どうしたらいいものか悩みますよね。そこで今回は肉じゃがのニンジン・ジャガイモを柔らかく煮るための方法、硬く煮てしまった肉じゃがの対処法をご紹介します。

続きを読む

【よくある肉じゃがの失敗】味が薄い、もしくはしょっぱい

肉じゃが

肉じゃがで最も多い失敗、それが味の調整ミスです。「薄い肉じゃがになってしまった…」「しょっぱくて食べられない…」「味が甘すぎる…」など誰でも一つ間違えれば失敗してしまいそうなものばかりですよね。そこで今回は、肉じゃがの味付けを失敗しないように、簡単にバッチリ味が決まり、何回作ってもブレない方法をご紹介いたします。

続きを読む

【よくあるすき焼きの失敗】水っぽい、薄くなってしまう

すき焼き

すき焼きを作る際に、よくある失敗が水っぽくなってしまうことです。濃い分には後から水を差すことで調整できますが、薄くなってしまうと調整が難しくなります。後から醤油、みりん、砂糖を入れすぎると、具材がつゆでひたひたになってしまうので食べるのが辛くなります。今回はすき焼きの味が薄くならないためのコツをご紹介いたします。

続きを読む

【彼氏が喜ぶ!】男性が大好きな丼もの人気レシピ5選

かつ丼

「何か食べたいものある?」と聞いた際に「牛丼」「かつ丼」「親子丼」など言われたことはありませんか?そう、意外に盲点ですが男性はご飯ガッツリの丼物が大好きなんです!ダイエット中や筋トレ中の男子でもない限り、100人中100人が好きと言っても過言ではありません。おいしい丼物のレシピをサッと作れれば彼氏の胃袋をガッチリ捕まえられること間違いなし!今回は男性に喜ばれる定番の丼メニュー5選をご紹介致します。

続きを読む

【かつ丼・牛丼・親子丼】丼物のつゆ、割り下の黄金比率

かつ丼

牛丼、かつ丼、親子丼、丼物を作る際に一番困ってしまうのは割り下に使う調味料の分量ですよね。基本的には醤油・砂糖・みりん・酒・だしなどが使われていますが、甘すぎる味になってしまったり、しょっぱすぎる味になってしまったり…というのは皆さん誰しも経験があることと思います。そこで今回は丼物の味がバッチリ決まる、割り下の黄金比率をご紹介いたします。

続きを読む

【かつ丼・牛丼・親子丼】甘めのたれを簡単に作る方法

かつ丼

牛丼、かつ丼、親子丼…日本人が大好きな定番メニューですよね!中でもあの甘じょっぱいたれがたまらない、という方も多くいらっしゃることと思います。私なんかさらにちょい甘めにして食べるのが大好きです。でも、お店では中々好みの味に出会えないし、自分で作ろうにもレシピはみんなスタンダードな作り方ばっかり。そこで今回は甘めの丼を簡単に作れるオススメの方法をご紹介いたします。

続きを読む

美味しいさやえんどうの見分け方・選び方・旬の時期・保存法

さやえんどう

サッと茹でてパリパリの食感を楽しむさやえんどう。鮮やかな緑で、料理に彩を添えるだけなく、実は栄養素もたっぷりなのです。意外にもさやえんどうは緑黄色野菜の仲間であり、カロテンがたっぷり含まれています。食物繊維、ビタミンC、ビタミンB1、タンパク質、リジンも豊富に含まれており、中でもリジンは必須アミノ酸の一つで体の成長を促進し、集中力を高める効果があるとされています。そんなさやえんどうをご家庭で美味しく食べるために、良い品の選び方、旬の時期、適切な保存方法をご紹介いたします。

続きを読む