ミネストローネの レシピ・作り方・調理法と失敗しないコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【この記事を書いた人】カセ
食品調味料販売に携わりながら、「お客さんに知ってもらうためには自分で料理できなきゃ意味がない!」の精神で料理を学んでいます。調理に関する気付きを日々発信しております。⇒【詳しいプロフィールはコチラ

イタリアンレシピの定番ミネストローネ。ホールトマトにオリーブオイル、にんにく、ローリエと一品にイタリアンの風味がぎゅっと詰まっています。野菜がたっぷり入っていてヘルシーなのにも魅力的!焼いたパンと一緒に食べると相性バッチリなのでオススメです。今回はトマトスープと野菜が美味しいミネストローネの作り方をご紹介いたします。

用意する材料

二人分の材料でご紹介します。

  • 玉ねぎ…1/2個
  • にんじん…1/2本
  • セロリ…1/3本
  • じゃがいも…1個
  • にんにく…1片
  • ベーコン(ブロック)…60g
  • カットトマト缶…1/4缶(100g)
  • 白ワイン…1/2カップ
  • ローリエ…2枚
  • 水…1と1/2カップ
  • 塩…少々
  • 黒こしょう…少々
  • パルメザンチーズ…少々
  • 砂糖…小さじ1
  • カレー粉…少々
  • オリーブオイル…大さじ1

白ワインが無い場合は料理酒で代用していただいても大丈夫です。トマト缶はホール(具材が大きいもの)でもカット(細かくスライスしてあるもの)でもどちらでも構いませんが、トマトを潰す手間がかからないカットトマト缶がオススメです。

ミネストローネの作り方

1.玉ねぎをみじん切りにし、セロリは筋を取って薄切りにします。皮をむいたジャガイモとニンジンを8mm角に切り、数分水にさらします。にんにくは薄切りにし、ベーコンは5mm厚ほどの薄切りにします。

ミネストローネ ジャガイモ、ニンジンを角切りにし水にさらします

2.鍋にオリーブオイルをひき、弱火でにんにくに火を通します。にんにくの香りがし始めたらベーコン、玉ねぎ、セロリを入れ炒めます。

ミネストローネ ベーコン、玉ねぎ、セロリに火を通します

3.玉ねぎに透明感が出てきたらニンジン、じゃがいも、塩小さじ1を加えて炒めます。

4.鍋にトマト缶100g、白ワイン、ローリエ、水を入れて弱火で15分ほど煮込みます。途中で煮えたらカレー粉、砂糖を加えます。

ミネストローネ トマト缶、白ワイン、ローリエ、水を加えて煮込みます

5.最後に塩、こしょうで味をととのえ、器に盛り付けます。

ミネストローネ 塩、こしょうで味をととのえます

6.パルメザンチーズを振って完成です。

ミネストローネ 全体

ミネストローネのコツ・ポイント

  • ベーコンはブロックタイプの物の方が、大きさを好みで調節できるのでオススメです。
  • 様々なスパイスがブレンドされたカレー粉が味のポイント!コクとうま味がグッと増します。トマトスープが煮えたら入れましょう。