ジャガイモのアヒージョ レシピ・作り方・失敗しないコツ

ジャガイモのアヒージョ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オリーブオイルににんにくと赤唐辛子で香りづけを行うスペインの名物料理アヒージョ。そこにほくほくで甘くて美味しいジャガイモを絡めて食べるのがポテトのアヒージョです。アヒージョは通常、おかずやお酒のおつまみとして食べられていますが、じゃがいもを使うこの料理は主食としてもお楽しみいただけます。アヒージョの中でもボリュームたっぷりで楽しめる皮付きポテト、ご家庭で簡単に作れるレシピをご紹介いたします。

カセ
私がレシピをご紹介します、カセです

 

燻製オリーブオイル

用意する材料

一人分の材料でご紹介します。

  • オリーブオイル…40ml
  • にんにく…1片(もしくは小2片)
  • 赤唐辛子…1本(もしくは小2本)
  • ジャガイモ…大1個
  • 塩…適量
  • イタリアンパセリ…少量
カセ
アヒージョに使うオリーブオイルは、燻製オリーブがおすすめです。

ジャガイモのアヒージョ 作り方

1.じゃがいもの表面をよく洗い、芽をとりのぞき、皮つきのまま水から30分~40分ほど茹でます。その後、ひと口大にカットします。

じゃがいもを茹でてひと口大に切ります

2.カスエラ(陶の器)または鋳物や鉄の小鍋にオリーブオイルとにんにくを入れ、弱火にかけます。

オリーブオイルとにんにくを入れ弱火にかけます

3.細かく泡立ち始めたら四等分にカットした赤唐辛子を加えます。

赤とうがらしを加えます

4.にんにくがきつね色になったら茹でたじゃがいもを加えて、塩を振って軽く煮ます。

じゃがいもを加えて軽く煮込みます

5.最後に火から降ろし、イタリアンパセリを振って完成です。

じゃがいものアヒージョ 全体

ジャガイモのアヒージョ コツ・ポイント

  • ジャガイモを皮付きのまま水から茹でることで、じゃがいもの風味が強く残り、かつ煮くずれしにくくなるためオススメです。
  • アヒージョは揚げ物ではないため、オリーブオイルは具材が軽く浸る程度で大丈夫です。
  • アヒージョは熱々のまま食べるのが一番美味しい!ですが容器とオイルは非常に高温となっているため持ち運びには十分に注意してください。
  • オリーブオイルが残った場合はサラダやパスタに混ぜて食べるのがオススメです。より詳しいアヒージョの残りオイルの利用方法についてはこちら
カセ
それではまた別のレシピでお会いしましょう。

アヒージョのその他のレシピはコチラ→簡単すぎる!美味しい人気アヒージョレシピ【まとめ】


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

仕上げにサッとかけて美味しい!カセ秘密の美味しい食べ方

アヒージョの仕上げにサッと一振り、お店のような上品でお洒落な味に仕上がります。

食品調味料販売員カセが見つけた「燻製の香り」+「オリーブオイル」の珍しい調味料、それが燻製オリーブオイルです。

カセ
かけるだけで燻製の美味しい風味になるから驚きです!

アヒージョに燻製の香りは意外に思うかもしれませんが、これが本当によく合います!おもてなしで出したら、友達が驚くこと間違いなしです!

カセ
おもてなしやホームパーティで一味違うご馳走を出したい時にオススメです。

 

▼燻製オリーブオイルの詳細はコチラ▼


「燻製オリーブオイル」を詳しく見る

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*