【沼サンド】サンドイッチ専用ナイフで作ってみた!

沼サンド
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【この記事を書いた人】カセ
食品調味料販売に携わりながら、「お客さんに知ってもらうためには自分で料理できなきゃ意味がない!」の精神で料理を学んでいます。調理に関する気付きを日々発信しております。⇒【詳しいプロフィールはコチラ

こんにちは、サンドイッチ大好きカセです。

今回はサンドイッチ専用ナイフM113-6を使って沼サンドを作りましたので、ナイフの切れ味、使い心地をご紹介していこうと思います。

沼サンドとは?

「沼サンド」とは陶芸家・大沼道行さんが考案した、野菜たっぷりのサンドイッチのことを指します。大沼さん宅では10年以上に渡って食べ続けられているサンドイッチなのですが、奥様の大沼由樹さんがインスタグラムに写真をアップし2015年頃から話題になりました。ボリュームたっぷりで写真映えし、野菜も沢山食べられることから女性を中心に人気を集めています。

カセ
キャベツたっぷりで、とにかくインパクトが凄いんですよね~

サンドイッチ専用ナイフM113-6

サンドイッチ専用ナイフサンドイッチ専用ナイフ

今回使用したのがコチラのサンドイッチ専用ナイフM113-6

サンドイッチの食パンを切る際に「パンが全然切れない!」「パンが潰れてしまう!」という悩みから買い換えた品になります。約7000円程する高級ナイフですが、その切れ味には大満足です。

ナイフを買うことになった経緯はこちら→自宅包丁とサンドイッチ専用ナイフ、切れ味の違いを徹底比較!

カセ
自宅で10年使っていた包丁では全然切れなくなってきたので、思い切って専用ナイフに買い換えました!

用意する材料

パン1組分の材料でご紹介します。

  • 食パン(6枚切り)…2枚
  • キャベツ…3枚
  • 玉ねぎ…1/8個
  • 薄切りベーコン…2枚
  • スライスチーズ(溶けるタイプ)…1枚
  • マヨネーズ…大さじ2
  • 黒こしょう…適量
  • 粒マスタード…適量

沼サンド

たっぷりのキャベツをパンで挟んだボリュームたっぷりのサンドイッチ。見た目通り、量が多いので女性だと食べきるのがきついかもしれません。沢山食べられない人は6枚切りパンではなく8枚切りパンを、キャベツの量を減らすなどすると良いでしょう。

カセ
男の私でもこれを食べきるのはかなりきつかったです。

沼サンドの作り方

沼サンドの作り方

それではサンドイッチ作りに移っていきます。調理中はサンドイッチ専用ナイフM113-6を使用していきます。

 

1.玉ねぎを薄切りにし、水にさらして辛味を抜きます。

玉ねぎのスライス玉ねぎを水にさらす

カセ
そのまま食べると玉ねぎの辛味・えぐみがきつくなりますのでご注意ください

 

2.キャベツを千切りにします。

キャベツの千切り

 

3.食パンにスライスチーズ1枚をのせ、その上にベーコン2枚をのせます。

スライスチーズベーコン

カセ
ベーコンはそのままのせて、トーストで一緒に焼きます。

 

4.もう一枚のパンはそのままで、2枚ともこんがり焼き目が付くまでトーストします。

トースト前トースト後

 

5.パンが焼けたら、何ものせていない方のパンに粒マスタードをたっぷり塗ります。

マスタードマスタード

カセ
マスタードを塗ることでグッと味が引き締まります

 

6.玉ねぎの水をよく切り、キャベツと一緒にボウルに入れ、黒こしょう・マヨネーズを加えてよく和えます。マヨネーズが一か所に固まるのは避け、まんべんなく全体にかかるように入れてから混ぜると良いでしょう。

玉ねぎとキャベツ玉ねぎとキャベツ

カセ
途中味見をしながら、黒コショウとマヨネーズを追加して味を整えましょう

 

7.パンの上にキャベツを山盛りにします。

キャベツの盛り付け

カセ
崩れるかどうかのギリギリまで、これでもか!っていうぐらいのせましょう

 

8.反対側からパンで挟み、両手を使って上からプレスします。躊躇せずにしっかりと押しましょう。野菜が詰まって崩れにくく、食べやすくなります。

パンで挟む

カセ
ブレた写真しか撮れてなかったので、これで勘弁してください…
カセ
しっかりプレスしないと皿に盛った際に崩れてしまいますのでご注意を!

 

9.最後にパンをお好みの形にカットします。ゆっくり丁寧に切るよりも素早く一気にカットした方が断面が綺麗に仕上がります。

カセ
かなり厚みがあるので、できるだけ良い包丁を使いたい所です。

 

厚いサンドイッチにこそコレ!サンドイッチ専用ナイフさんお願いします!

 

沼サンドのカット

 

ココが一番大事なトコですからね…

 

沼サンドのカット

 

ドキドキ…

 

沼サンドの断面

 

ザックリ

 

気持ち良いぃぃぃ!!!!!

 

沼サンド

 

断面が綺麗に切れてニッコリ!

 

カセ
断面が大事なサンドイッチなので、綺麗に切れて安心しました。
カセ
早速SNSに写真あげとこっと

 

沼サンド

 

カセ
サンドイッチはこの後美味しくいただきました。

まとめ

今回はサンドイッチ専用ナイフを使って沼サンドを作りました。

トーストしたパンにたっぷりのキャベツを盛り付けるこのサンドイッチですが、何といっても大事なのは切った際の断面!綺麗な断面を作るためには、できるだけ切れ味の良い包丁を使いましょう。

今回使用したサンドイッチ専用ナイフは、長すぎず短すぎないため、サンドイッチのカットに最適です。

カセ
綺麗な断面が作れると写真撮りも楽しいし、SNS映えもしますよね~

あんまり良い品だったので直販始めました!

サンドイッチ専用ナイフ

【品名】サンドイッチ専用ナイフM113-6
【規格】刃渡り160mm、全長280mm、グリップ一体型
【刀身の材質】モリブデンバナジウム鋼
【柄の材質】18-8ステンレス鋼
【生産国】日本
【お値段】6,980円

カセ
惚れ込んでしまったため、直販始めました↓