サンドイッチのパンは焼く?焼かない?どっちが美味しいの?

トースト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サンドイッチを作る際に、パンをトーストするかどうか迷ってしまいますよね。お洒落なあの店はこんがりキツネ色に焼いててとっても美味しいけど、レシピ本ではパンを焼くなんて書いてないし…。パンをトーストするかどうかは完全に好みなのですが、ここではパンの焼き方二種類と、焼き方に合わせたオススメサンドイッチをご紹介いたします。

カセ
サンドイッチの解説をします、カセです

 

燻製マヨネーズ

パンをトーストする場合は、両面ともサクッと香ばしく焼くか、片面だけ焼いてもちもち感を残したいかの2タイプに分かれます。いずれも焼くことで表面の水分が飛び、サクサクッの食感に仕上がります。ただし、焼けば焼くほどパンのもちもち感が無くなり、パンと具材が馴染みづらく崩れやすくなるのを覚えておきましょう。

パンを片面だけトースト

パンを片面だけトーストしたい場合は、パンを二枚重ね合わせてトースターに入れます。こうすることで重なっている内側は焼けずにモチモチの食感を残したまま、外側だけカリカリに仕上がります。こんがりキツネ色になったらトースターから取り出しましょう。ふんわりした優しい食感とサクサクの食感、どちらも欲しい時にオススメの焼き方です。また、パンの外側だけ焼くため内側はしっとりとしており、パンと具材を挟んだ際にしっかりと馴染みます。

【オススメのサンドイッチ】

BLTサンドイッチ(ベーコンレタストマト)など

パンを両面トースト

パンを二枚並べてトースターで焼く、ご家庭でいつもやられている焼き方になります。両面ともサクサクに仕上がります。硬い食材を挟むときや、しっとりと水分を含んだ野菜を挟むとき、ボリューム感を出したいとき、サクサクの食感を強調したい時ににオススメです。ただし、両面を焼いてパンの水分を飛ばしてしまうため、パンと具材が馴染みづらく、崩れやすくなってしまうのでご注意ください。

【オススメのサンドイッチ】

カツサンドなど


その他の美味しいサンドイッチの作り方コチラから

カセ
それではまた別のレシピでお会いしましょう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

いつもとは一味違う!特別なサンドイッチを作る方法

マヨネーズをほんの少し混ぜるだけ、燻製の豊かな風味をプラスします。

食品調味料販売員カセが見つけた「燻製の香り」+「マヨネーズ」の珍しい調味料、それが燻製マヨネーズです。

カセ
少量のマヨネーズを混ぜるだけで燻製の美味しい風味になるから驚きです!

サンドイッチに燻製の香りは意外に思うかもしれませんが、これが本当によく合います!上品かつお洒落な味になりますので友達が驚くこと間違いなしです。

カセ
おもてなしやホームパーティ、お弁当で一味違うご馳走を出したい時にオススメです。

 

▼燻製マヨネーズの詳細はコチラ▼


「燻製マヨネーズ」を詳しく見る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*