鶏胸肉(ササミ)のサラダ レシピ・作り方・手作りドレッシング

鶏胸肉(ササミ)サラダ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【この記事を書いた人】カセ
食品調味料販売に携わりながら、「お客さんに知ってもらうためには自分で料理できなきゃ意味がない!」の精神で料理を学んでいます。調理に関する気付きを日々発信しております。⇒【詳しいプロフィールはコチラ

低脂肪で脂も少なく、ダイエット食にも最適な鶏胸肉(ササミ)、その鶏肉をさっぱり食べられる絶品サラダをご紹介いたします。マヨネーズも一切使わないため、カロリーを気にせず食べられます。ふっくらした鶏肉とパリパリきゅうりの食感のコントラストが楽しい一品です。

用意する材料

二人分の材料でご紹介します。

  • 鶏胸肉(もしくはササミ)…1枚
  • 塩…少々
  • きゅうり…1本
  • 大根…50g
  • にんじん…30g
  • レタス…2枚
  • 手作り中華ドレッシング(後述)…大さじ3

鶏肉は鶏胸肉、もしくは鶏のササミを用意してください。どちらも脂肪とカロリーが少なく味はほぼ変わりませんが、ササミの方が若干値段が高く、鶏胸肉は皮が付いていてはがすのが面倒というのが大まかな違いです。

中華ドレッシングの作り方

手作り中華ドレッシング

  • しょうゆ…大さじ2
  • 酢…大さじ1/2
  • 砂糖…大さじ1/4
  • 長ネギのみじん切り…大さじ1/2
  • 赤とうがらし(お好みで)…1/4本(種を取って輪切り)
  • ごま油…大さじ1/2
  • 炒りごま…小さじ1/2

鶏肉にピッタリ合う中華ドレッシングは簡単に手作りできますので是非作ってみてください。市販のものと比べて驚くほど味に違いが出ますので、おもてなし料理なら手作りドレッシングが絶対オススメです。

赤とうがらしはお好みで量を調節してください。苦手な人は省いてしまっても大丈夫です。

そのほかにも、バンバンジードレッシングも鶏肉とよく合うのでオススメです。

鶏胸肉(ササミ)サラダの作り方

1.鍋にお湯を沸騰させ、塩を少量入れて鶏むね肉を6~7分茹でます。この時、鶏むね肉に包丁で切れ込みを入れておくと中まで早く火が通ります。切れ込みから中まで火が通っているか確認し、鍋から上げて冷まします。

鶏むね肉、ササミの茹で方

2.きゅうりは4cmほどの長さに切り、そのあと縦に1/4に切ります。大根とにんじんはせん切りにして水にさらし、パリっとさせたら水けをきります。レタスは食べやすい大きさにちぎり、鶏肉は手で太めに裂きます。

にんじんと大根の下処理

3.器にレタス、にんじんと大根ときゅうり、鶏肉の順番で盛り付け、上から中華ドレッシングをかけて完成です。

鶏胸肉(ササミ)のサラダ 全体

鶏胸肉(ササミ)サラダのコツ・ポイント

鶏胸肉を茹でる際に、包丁で切れ込みを入れると通常より早く茹で上がります。中まで火が通っているか確認もできるのでオススメです。

また、サラダの味付けはドレッシングで全て決まってしまいますので、市販の物よりも手作りで作ってみましょう。手作り中華ドレッシングはごまとネギの風味がしっかりと残っていますので、市販の物よりも断然美味しくなります。材料を混ぜるだけととっても簡単なので是非お試しください。