【よくある親子丼の失敗】卵がふわふわ半熟にならない、固まってしまう

親子丼
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

折角お家で親子丼を作ったのに、火を通しすぎて卵が固まってしまった…そんな経験ありませんか?全体のレシピをみるととっても簡単な親子丼ですが、実はこの卵の火加減だけは非常に難しいのです。プロの料理人でさえ、親子丼を綺麗に美しく作るのは難しいと言うほどです。今回はお家でふわふわ半熟卵の親子丼を作るためのコツをご紹介します。

特選すき焼きのたれ

親子丼の失敗しないコツ

ポイント1:卵は混ぜすぎない

まず初めに、溶き卵は混ぜすぎないように注意しましょう。箸で2~3回まわすぐらいで丁度良いでしょう。親子丼では適度に白身が残っていた方がトロみが付き、かつ見た目にも美しくなるので混ぜすぎないことが重要です。

ポイント2:溶き卵は二回に分けて入れる

溶き卵は半分ずつ二回に分けて入れると良いでしょう。中心から外側に向かって円を描くようにまわしかけるのがポイントです。一回目の卵が半熟状になったら、残りの卵を加えます。

ポイント3:卵は蒸して半熟に

二回目の溶き卵を入れたら最初の10秒だけ火を通して、あとは鍋に蓋をして火を消し余熱で1分ほど蒸しましょう。具材に残っている余熱で蒸すことで半熟状の美味しい卵に仕上げるためです。逆に、卵にしっかり火を通してからコンロから降ろしても、具材の余熱で卵が固まってしまう恐れがあります。

親子丼の作り方

親子丼の作り方、レシピ

親子丼を作る際の材料、調味料の配分などのレシピはコチラにまとめましたので是非ご確認ください。

まとめ

いかがでしたか。親子丼の卵をふわふわに仕上げるのは一番難しいポイントのため、一度のチャレンジで成功させるのは厳しいかもしれません。ただ、上記三点をよく読み、自宅の鍋と火加減を考慮しながら繰り返し作ればすぐに成功できることでしょう。自宅で美味しいふわふわの親子丼を作ってご家族を喜ばせてあげましょう!


家族が楽しみにしているすき焼き、絶対に失敗したくない!

失敗しないすき焼き作りのために、「すき焼きのたれ」をオススメします。

すき焼きと言えば年に数回の家族のご馳走!そんなすき焼きが、味が濃かったり、薄かったりしたらみんなガッカリですよね。そこですき焼きの味付けで失敗しないすき焼きのたれの使用をオススメします。

カセ
水で割らずにストレートで入れるだけなので失敗知らずです!

失敗したくないあなたのために!一番美味しいすき焼きのたれを探してきました!

全国から「すき焼きのたれ」を取り寄せ、一番美味しいすき焼きのたれを選び出しました!一番美味しい「特選すき焼きのたれ」を使えば家族が喜ぶこと間違いなしです!

カセ
私が実際に食べ比べて調べてきました!

 

▼一番美味しい「すき焼きのたれ」の詳細はコチラ▼


「特選すき焼きのたれ」を詳しく見る

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*