すき焼きのたれで作る!美味しい豚の角煮 作り方・レシピ

豚の角煮
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【この記事を書いた人】カセ
食品調味料販売に携わりながら、「お客さんに知ってもらうためには自分で料理できなきゃ意味がない!」の精神で料理を学んでいます。調理に関する気付きを日々発信しております。⇒【詳しいプロフィールはコチラ

トロトロに煮込んで柔らかくなった豚肉と、甘じょっぱいたれが絶妙にマッチする豚の角煮。口の中で溶けるぐらいに柔らかく作るには、豚肉をまずじっくり茹でることが重要です。次に重要なのが調味料の配分ですが、実はこれ「すき焼きのたれ」を使うことで簡単に味が決まります。豚の角煮に使う調味料は一般的に砂糖・醤油などですが、実はこれ「すき焼きのたれ」とほとんど同じ成分なのです。すき焼きのたれを使うことで初めての方でも簡単に、しかも何回作っても味がブレずにバッチリ煮込めます。今回はおうちで簡単に作れる豚の角煮レシピをご紹介いたします。

カセ
すき焼きのたれを使った、豚角煮の作り方をご紹介します

 

特選すき焼きのたれ

用意する材料

二人分の材料でご紹介します。

  • 豚バラかたまり肉…300g
  • 大根…1/4本
  • 茹で卵…2個
  • お好みでほうれん草や小松菜、絹さやなど
  • すき焼きのたれ…100ml
  • 料理酒…50ml
  • 水…200ml

味付けには「特選すき焼きのたれ」がオススメ!

すき焼きのたれ

豚角煮の味付けには「特選すき焼きのたれ」がオススメです。全国7社の有名タレを実際に食べ比べ、その中から一番美味しいすき焼きのたれを選び出しました。(食べ比べの様子→プロが選ぶ!美味しいすき焼きのたれランキング【食べ比べ】

カセ
タレについて詳しくはコチラをご確認ください→特選すき焼きのたれ

豚の角煮の作り方

1.フライパンを温め、油を引かずに豚肉をかたまりのまま入れ、強火で全面に焼き目を付けます。

豚肉の表面を軽く焼きます

2.鍋に焼いた豚肉のかたまりを入れ、豚肉がつかるぐらいの水を入れ弱火で約1時間ほど茹でます。途中であくをすくい、竹串がすっと入るまで柔らかく煮込みます。

3.この間に茹で卵を作ります。お湯が沸騰してから卵を入れ、7分程茹でましょう。また、大根は厚さ1cm程のイチョウ切りにします。ほうれん草、小松菜、絹さやを入れる場合には下茹でをしておきましょう。

4.肉が柔らかくなったら取り出し、表面を水で洗い流して付着したアクを綺麗にします。

4.肉を4cm角ぐらいに切り分けます。

5.空の鍋にすき焼きのたれ100ml、料理酒50ml、水200mlを入れてタレを作ったら豚肉、大根、茹で卵を加えます。落し蓋をし、煮立ったら弱火に変えて20分ほど煮込みます。

豚角煮をたれと一緒に煮込みます

6.お好みでほうれん草や小松菜、絹さやを盛り付けて完成です。

豚の角煮

豚の角煮のポイント・コツ

  • すき焼きのたれ、料理酒、水を2:1:4で入れるのがポイントです。
  • 豚肉をお湯で茹でる際には丁寧にあくを取りましょう。また、お湯から揚げた際にも表面にあくが付いているため、綺麗に洗い流しましょう。
  • 豚肉が柔らかくなったかどうかは竹串を刺して判断しましょう。すっと入るようになれば十分煮込めています。

すき焼きのたれを使ったその他の料理はコチラ→簡単すぎる!すき焼きのたれを使った人気レシピ【まとめ】

すき焼きのたれ選びについてはコチラ→プロが選ぶ!美味しいすき焼きのたれランキング【食べ比べ】

すき焼きの作り方まとめ→すき焼きの作り方まとめ【初めてでも美味しく作れる!】【オススメ】


カセ
↓では、カセが探してきた「一番美味しいすき焼きのたれ」を紹介しています

家族が楽しみにしているすき焼き、絶対に失敗したくない!

すき焼きの失敗の原因は99%が味付けです。「調味料を一から混ぜるのは慣れていないと大変!」「野菜から水分が出るから濃いめに作らないといけない!」家族が楽しみにしているすき焼き、絶対に失敗できませんよね。

すき焼きの味付けは「特選すき焼きのたれ」を使えば間違いなし!

全国7社から一番美味しいすき焼きのたれを選び出しました!

 

▼失敗しないすき焼き作りの秘密とは!?▼


「特選すき焼きのたれ」を詳しく見る