すき焼きのたれで作る!美味しい肉じゃがの作り方・レシピ

肉じゃが
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【この記事を書いた人】カセ
食品調味料販売に携わりながら、「お客さんに知ってもらうためには自分で料理できなきゃ意味がない!」の精神で料理を学んでいます。調理に関する気付きを日々発信しております。⇒【詳しいプロフィールはコチラ

ほくほくのジャガイモと甘じょっぱいつゆが美味しい肉じゃが。ご家庭の味、お母さんの味としても馴染み深い一品ですよね。でも、肉じゃがを作るうえで一番のポイントは調味料の配分。基本は砂糖・醤油・みりん・酒・だし汁などですが、毎回毎回キッチリ計るのは本当に面倒ですよね。そこで今回はすき焼きのたれだけを使って簡単に肉じゃがを作る方法をご紹介します。意外にもすき焼きのたれは、上記で上げた材料だけで作られており、ほとんど味が一緒なのです。しかも水で薄めるだけなのでとっても簡単!何回作っても味がブレないため非常にオススメです。

カセ
すき焼きのたれを使った、肉じゃがの作り方をご紹介します

 

特選すき焼きのたれ

用意する材料

二人分の材料でご紹介します。

  • 豚バラ肉…150g
  • じゃがいも…小2個
  • にんじん…1/2個
  • 玉ねぎ…1/2個
  • しらたき…100g
  • きぬさや…8枚
  • すき焼きのたれ…100ml
  • 水…100ml
  • 塩…少量
  • サラダ油…少量

すき焼きのたれと水は1:1で割るとしっかり味が決まります。

味付けには「特選すき焼きのたれ」がオススメ!

すき焼きのたれ

肉じゃがの味付けには「特選すき焼きのたれ」がオススメです。全国7社の有名タレを実際に食べ比べ、その中から一番美味しいすき焼きのたれを選び出しました。(食べ比べの様子→プロが選ぶ!美味しいすき焼きのたれランキング【食べ比べ】

カセ
タレについて詳しくはコチラをご確認ください→特選すき焼きのたれ

肉じゃがの作り方

1.豚バラ肉としらたきを長さ4cmに切ります。玉ねぎはくし切りに、にんじんとジャガイモはひと口大に切ります。

2.きぬさやの筋をとり、水(分量外)と少量の塩でひと煮立ちさせます。色鮮やかに茹で上がったらザルに取り、水分を切ります。

きぬさや

3.鍋に水を入れ(分量外)、しらたき、じゃがいも、にんじんを加えて中火にかけます。沸騰してから2分~3分茹でたら引き上げて水気を切ります。

野菜としらたきの下茹で

4.鍋にサラダ油をひき、玉ねぎを入れて油が回るまでサッと炒めます。その後、豚肉を入れ表面の色が変わるまで軽く炒めます。

5.すき焼きのたれ100mlと水100mlを入れ、下茹でしたジャガイモ・ニンジン・しらたきを加えます。煮立ったらアルミホイルで落し蓋をし、弱火で5~7分程煮込みます。

肉じゃがの煮込み

6.きぬさやを散らして完成です。

肉じゃが 全体

肉じゃがのコツ・ポイント

  • すき焼きのたれと水を1:1で加えることでバッチリ味が決まります。煮込んでいる途中で煮詰まりそうになったら都度水を加えてください。
  • 調理時間を短くするために、しらたき、じゃがいも、にんじんを下茹でするのがポイントです。素材のアクが抜け、あとの煮込み時間も短くなるのでオススメです。
  • ジャガイモとニンジンは火が通りづらいため、煮込んでいる途中でつまようじを刺して中まで柔らかくなっているかどうか確認しましょう。

すき焼きのたれを使ったその他の料理はコチラ→簡単すぎる!すき焼きのたれを使った人気レシピ【まとめ】

すき焼きのたれ選びについてはコチラ→プロが選ぶ!美味しいすき焼きのたれランキング【食べ比べ】

すき焼きの作り方まとめ→すき焼きの作り方まとめ【初めてでも美味しく作れる!】【オススメ】


カセ
↓では、カセが探してきた「一番美味しいすき焼きのたれ」を紹介しています

家族が楽しみにしているすき焼き、絶対に失敗したくない!

すき焼きの失敗の原因は99%が味付けです。「調味料を一から混ぜるのは慣れていないと大変!」「野菜から水分が出るから濃いめに作らないといけない!」家族が楽しみにしているすき焼き、絶対に失敗できませんよね。

すき焼きの味付けは「特選すき焼きのたれ」を使えば間違いなし!

全国7社から一番美味しいすき焼きのたれを選び出しました!

 

▼失敗しないすき焼き作りの秘密とは!?▼


「特選すき焼きのたれ」を詳しく見る