コーンチャウダー レシピ・作り方・調理法と失敗しないコツ

コーンチャウダー
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【この記事を書いた人】カセ
食品調味料販売に携わりながら、「お客さんに知ってもらうためには自分で料理できなきゃ意味がない!」の精神で料理を学んでいます。調理に関する気付きを日々発信しております。⇒【詳しいプロフィールはコチラ

シチューのようにまろやかで濃厚なクリームソースが絶品のコーンチャウダー。アスパラガスの触感と鶏肉のコクがチャウダーにアクセントを加えます。さらに今回はショートパスタを加えることで腹持ちの良い具沢山スープに仕上げました。簡単おいしい具沢山コーンチャウダーのレシピをご紹介いたします。

用意する材料

二人分の材料でご紹介します。

  • 鶏もも肉1/2枚
  • 塩…少々
  • 黒こしょう…少々
  • 砂糖…少々
  • ベーコン…4枚
  • 玉ねぎ…1個
  • じゃがいも…1個
  • グリーンアスパラガス…3本
  • ショートパスタ(お好みの種類)…30g
  • 薄力粉…大さじ2
  • ローリエ…1枚
  • コーン…120g
  • 牛乳…400ml
  • バター…15g
  • オリーブオイル…小さじ2

コーンチャウダーの作り方

1.鶏肉を薄いそぎ切りにし、塩と黒こしょうをまぶします。ベーコンは細切り、玉ねぎはみじん切りにします。じゃがいもは皮をむいて小さな角切りにしたら水にさらします。

コーンチャウダー 切ったジャガイモを水につけてアクを抜きます

2.アスパラガスの根元の硬い部分を切り落とします。鍋に湯を沸かしたら塩を少量入れ、サッと茹でてからザルに上げ、ひと口大に斜めに切っておきます。

3.お好みのショートパスタを茹でます、表記時間よりも1分短く茹でましょう。

コーンチャウダー ショートパスタを表記よりも1分短く茹でておきます

4.鍋にバターとオリーブオイルをひき焦がさないようにあたため、ベーコンを入れて炒めます。次に鶏肉を入れてきつね色になるまで炒めてから、たまねぎ、じゃがいもを加えます。玉ねぎとじゃがいもは透明感が出るまで炒めます。薄力粉を加え、粉っぽさが無くなるまで炒めます。

コーンチャウダー 鍋にバターとオリーブオイルをひき、肉と野菜を炒めます

5.具材の頭が隠れる程度に水を入れ、ローリエ1枚を加えて弱火で7分ほど煮込みます。時々かき混ぜて具材がこびりつかないように気を付けましょう。

コーンチャウダー 水とローリエを加えて弱火で約7分煮込みます

6.コーンとパスタ、牛乳と塩を入れ、7分程煮込みます。

コーンチャウダー コーンと牛乳、塩、ショートパスタを加えてさらに煮込みます

7.最後に砂糖、塩、黒こしょうで味を整え、アスパラガスを加えて完成です。

コーンチャウダー 全体

コーンチャウダーのコツ・ポイント

  • 野菜に薄力粉を加えて炒める際は、一気にどばっと入れてしまうと、ダマになったりムラができてしまうので少しずついれてトロトロになるように炒めましょう。
  • 煮込んでいる途中で牛乳を入れる際は少しずつ入れましょう。一気に牛乳を入れると温度差でクリームソースと牛乳が綺麗に混ざりません。少しずつ加えて馴染ませるように混ぜていきます