アスパラガスのアヒージョ レシピ・作り方・失敗しないコツ

アスパラガスのアヒージョ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、食品調味料販売をしながら料理の勉強をしているカセです。これまでスペインの名物料理アヒージョの作り方を何品かご紹介してきましたが、今回はその中でも珍しいアスパラガスを使ったレシピをご紹介いたします。オリーブの香りとアスパラガスのシャキシャキ触感がクセになる美味しさの一品です。

カセ
私がレシピをご紹介します、カセです

 

燻製オリーブオイル

用意する材料

二人分の材料でご紹介します。

  • アスパラガス…太3本(もしくは細5本)
  • オリーブオイル…40ml
  • にんにく…1片(もしくは小2片)
  • 赤唐辛子…1本(もしくは小2本)
  • 塩…適量
  • イタリアンパセリ…少々

赤唐辛子は一本でもかなりの辛味が出るため、苦手な方は半量にするか、唐辛子を入れないで調理するのがオススメです。

カセ
アヒージョに使うオリーブオイルは、燻製オリーブがおすすめです。

アスパラガスのアヒージョ 作り方

1.まずアスパラガスを3cm程にカットします。お湯を沸騰させ、少量の塩を入れてサッと下茹でします。太いものは15秒程、細い物は10秒程です。すぐに冷水で冷やし、表面の水分を拭き取ります。

カセ
オリーブオイルが跳ねますので、水分をしっかり拭き取りましょう

アヒージョ 下茹で

2.にんにくを薄くスライスし、赤唐辛子は4等分にカットします。イタリアンパセリを刻んでおきます。

3.カスエラ(陶の器)もしくは鋳物、鉄の小鍋(スキレットなど)にオリーブオイル40mlとスライスしたニンニクを加え、弱火にかけます。

オリーブオイルとニンニク

4.ニンニクの周りに細かい泡が立ち始めたら、四等分にした赤唐辛子を加えます。

オリーブオイルに赤唐辛子を加える

5.ニンニクが色づき始めたら、アスパラガスを入れてサッと煮ます。塩を加えて味を整えましょう。(下茹でしていない場合は、熱が伝わるまでしっかり煮込んでください。)

6.火から降ろし、刻んだイタリアンパセリを散らして完成です。

アスパラガスのアヒージョ 全体

アスパラガスのアヒージョ コツ・ポイント

  • アスパラガスだけでなく、鶏肉ベーコンソーセージなどを一緒に煮込んでも美味しく仕上がります。
  • アスパラガスはオイルで煮込む前にサッと下茹ですると、火が均一に通ります。
  • アスパラガスをオイルに入れる前に表面の水分をよく拭き取りましょう。油が跳ねる恐れがあります。
  • 食べ終わった後にオリーブオイルが残ってしまったら、パンに付けて食べたり、茹でたパスタに絡めたり、サラダと和えて食べると良いでしょう。より詳しい使い方はコチラをご確認ください→アヒージョの残りオイルで作る絶品レシピとオイルの保存方法

カセから一言

いかがでしたか。今回はアスパラガスのアヒージョの作り方をご紹介しました。アスパラガスだけだとさっぱりしすぎてしまうため、物足りないという方には鶏肉ベーコンソーセージなどを一緒に煮込んでも美味しく食べられます。

カセ
それではまた別のレシピでお会いしましょう。

アヒージョのその他のレシピはコチラ→簡単すぎる!美味しい人気アヒージョレシピ【まとめ】


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

仕上げにサッとかけて美味しい!カセ秘密の美味しい食べ方

アヒージョの仕上げにサッと一振り、お店のような上品でお洒落な味に仕上がります。

食品調味料販売員カセが見つけた「燻製の香り」+「オリーブオイル」の珍しい調味料、それが燻製オリーブオイルです。

カセ
かけるだけで燻製の美味しい風味になるから驚きです!

アヒージョに燻製の香りは意外に思うかもしれませんが、これが本当によく合います!おもてなしで出したら、友達が驚くこと間違いなしです!

カセ
おもてなしやホームパーティで一味違うご馳走を出したい時にオススメです。

 

▼燻製オリーブオイルの詳細はコチラ▼


「燻製オリーブオイル」を詳しく見る

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*