すき焼きのたれで作る!お手軽美味しい牛丼の作り方・レシピ

牛丼
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【この記事を書いた人】カセ
食品調味料販売に携わりながら、「お客さんに知ってもらうためには自分で料理できなきゃ意味がない!」の精神で料理を学んでいます。調理に関する気付きを日々発信しております。⇒【詳しいプロフィールはコチラ

醤油と砂糖のタレと牛肉、玉ねぎ、しらたきが絶妙にマッチする牛丼。お子様から大人まで、男性なら嫌いな人はいない!というぐらいの定番メニューです。たまの夕食に作れば大喜び間違いなしです。しかしお家で牛丼を作る際に一番問題になるのが調味料の分量。甘すぎたり、薄すぎたりしてしまうとガッカリですよね…。しかしすき焼きのたれを使うことで、簡単バッチリ味が決まり、何回作っても味がブレません。すき焼きのたれは砂糖と醤油ベースなので、味の近い牛丼にもピッタリなのです!今回はすき焼きのたれを使った、ご家庭で作れる簡単美味しい牛丼の作り方をご紹介します。

カセ
すき焼きのたれを使った、牛丼の作り方をご紹介します

 

特選すき焼きのたれ

用意する材料

二人分の材料でご紹介します。

  • 牛ばら薄切り肉…150g
  • 玉ねぎ…1/2個
  • しらたき…100g
  • すき焼きのたれ…100ml
  • 水…50ml
  • ご飯…2杯分
  • お好みで紅しょうが、小口ネギ、かいわれ大根など

味付けには「特選すき焼きのたれ」がオススメ!

すき焼きのたれ

牛丼の味付けには「特選すき焼きのたれ」がオススメです。全国7社の有名タレを実際に食べ比べ、その中から一番美味しいすき焼きのたれを選び出しました。(食べ比べの様子→プロが選ぶ!美味しいすき焼きのたれランキング【食べ比べ】

カセ
タレについて詳しくはコチラをご確認ください→特選すき焼きのたれ

牛丼の作り方

1.玉ねぎを半分に切り、繊維に沿って1.5cm幅に縦に切ります。しらたきは5cm幅に切り、浸かるぐらいの水と一緒に鍋に加えて一煮立ちさせます。茹で上がったしらたきをザルにあげて水気をよく切ります。

牛丼 しらたき

2.鍋にすき焼きのたれ100ml、水50ml、玉ねぎを加えて中火にかけます。沸騰したら弱火にします。

牛丼 玉ねぎ

3.玉ねぎがしんなりしたら牛肉としらたきを加えて5分程煮込みます。適宜お玉でアクを取ります。

牛丼 牛肉

4.牛肉に火が通り、玉ねぎとしらたきに味がしみ込んだら火から降ろし、温かいご飯の上に盛り付けます。

5.お好みで紅しょうが、小口ネギ、かいわれ大根、卵などをトッピングして完成です。

牛丼 全体

牛丼のコツ・ポイント

  • 通常、牛丼は醤油・砂糖・酒・だしなどで煮込みますが、すき焼きのたれを使うことでお手軽簡単に作ることができます。また、味の失敗も無いためオススメです。
  • すき焼きのたれを水で2:1に薄めていますが、お好みに合わせて分量を調節してください。
  • しらたきを多く入れすぎると味が薄く、逆に減らしすぎると濃い味になります。

すき焼きのたれを使ったその他の料理はコチラ→簡単すぎる!すき焼きのたれを使った人気レシピ【まとめ】

すき焼きのたれ選びについてはコチラ→プロが選ぶ!美味しいすき焼きのたれランキング【食べ比べ】

すき焼きの作り方まとめ→すき焼きの作り方まとめ【初めてでも美味しく作れる!】【オススメ】


カセ
↓では、カセが探してきた「一番美味しいすき焼きのたれ」を紹介しています

家族が楽しみにしているすき焼き、絶対に失敗したくない!

すき焼きの失敗の原因は99%が味付けです。「調味料を一から混ぜるのは慣れていないと大変!」「野菜から水分が出るから濃いめに作らないといけない!」家族が楽しみにしているすき焼き、絶対に失敗できませんよね。

すき焼きの味付けは「特選すき焼きのたれ」を使えば間違いなし!

全国7社から一番美味しいすき焼きのたれを選び出しました!

 

▼失敗しないすき焼き作りの秘密とは!?▼


「特選すき焼きのたれ」を詳しく見る