【お肉の量は何グラム?】すき焼き一人前の作り方、レシピ

すき焼き
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【この記事を書いた人】カセ
食品調味料販売に携わりながら、「お客さんに知ってもらうためには自分で料理できなきゃ意味がない!」の精神で料理を学んでいます。調理に関する気付きを日々発信しております。⇒【詳しいプロフィールはコチラ

数カ月おきにふと食べたくなるのがすき焼きですよね。小さい頃に家族と一緒に囲んで食べたご馳走、そんなイメージが強いのではないでしょうか。たまに無性に食べたくなりますが、どうしてもイメージは大人数で食べる鍋料理。一人分だけ作れるの…?と戸惑ってしまいますよね。そこで今回は一人でも食べられるすき焼きの作り方をご紹介いたします。

カセ
すき焼き一人前のレシピをご紹介します

 

特選すき焼きのたれ

用意する材料

一人前の分量でご紹介します。

  • 牛すき焼き用肉…100g
  • しらたき…50g
  • 長ネギ…1/4本
  • 春菊…1/4束
  • しいたけ…1個
  • えのき…1/4パック
  • 焼き豆腐…1/4丁
  • 市販のすき焼きのたれ…100ml
  • 生卵…1個
  • 牛脂…適量

牛肉やしらたき、すき焼きのたれが余ったら牛丼肉じゃがなどに使いまわせるのでお試しください。

味付けには「特選すき焼きのたれ」がオススメ!

すき焼きのたれ

すき焼きの味付けには「特選すき焼きのたれ」がオススメです。全国7社の有名タレを実際に食べ比べ、その中から一番美味しいすき焼きのたれを選び出しました。(食べ比べの様子→プロが選ぶ!美味しいすき焼きのたれランキング【食べ比べ】

カセ
タレについて詳しくはコチラをご確認ください→特選すき焼きのたれ

すき焼き一人前の作り方

1.しらたきを10cm程の長さに切り、鍋に浸かる程度の水と一緒に加えて下茹でします。ひと煮立ちしたら取り出し、よく水を切ります。

2.長ネギを1cm幅の斜め切りに、春菊は5cm程の長さに揃えて切ります。しいたけ、えのきは石づきを切り落とし、食べやすいサイズに切り分けます。焼き豆腐の水をよく切り、ひと口大に切ります。

3.温めた小鍋に牛脂をひき、長ネギを軽く焼きます。その後、牛肉を入れ、表面の色が軽く変わる程度にサッと炒めます。

4.鍋にすき焼きのたれ100mlをストレートで入れ(商品により異なりますので、説明書きに従ってください)、しらたき、しいたけ、えのき、焼き豆腐、を入れて煮込みます。

5.牛肉にしっかりと火が通ったら春菊を加え、溶いた生卵を小皿に用意して完成です。

すき焼き一人前のコツ・ポイント

  • 一人前の場合は牛肉100gを使用しましょう。
  • 鍋は小鍋や小さいスキレットなどがオススメです。
  • 市販のすき焼きのたれを使うことで、簡単バッチリ味が決まります。すき焼きに慣れてない人には特にオススメです。
  • すき焼きのたれが余った場合は下記のレシピにも使用できますのでお試しください。

すき焼きのしめについてはコチラ→すき焼きのしめをうどんで食べる、作り方

すき焼きのたれを使ったその他の料理はコチラ→簡単すぎる!すき焼きのたれを使った人気レシピ【まとめ】

すき焼きの作り方まとめ→すき焼きの作り方まとめ【初めてでも美味しく作れる!】【オススメ】


カセ
↓では、カセが探してきた「一番美味しいすき焼きのたれ」を紹介しています

家族が楽しみにしているすき焼き、絶対に失敗したくない!

すき焼きの失敗の原因は99%が味付けです。「調味料を一から混ぜるのは慣れていないと大変!」「野菜から水分が出るから濃いめに作らないといけない!」家族が楽しみにしているすき焼き、絶対に失敗できませんよね。

すき焼きの味付けは「特選すき焼きのたれ」を使えば間違いなし!

全国7社から一番美味しいすき焼きのたれを選び出しました!

 

▼失敗しないすき焼き作りの秘密とは!?▼


「特選すき焼きのたれ」を詳しく見る