えびのサルササラダ レシピ・作り方・手作りドレッシング

えびのサルササラダ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【この記事を書いた人】カセ
食品調味料販売に携わりながら、「お客さんに知ってもらうためには自分で料理できなきゃ意味がない!」の精神で料理を学んでいます。調理に関する気付きを日々発信しております。⇒【詳しいプロフィールはコチラ

ピリ辛ソースとオリーブオイルの風味、まろやかなエビが絶妙にマッチするサルササラダです。夏の暑い時期や、冷やしたビール、ワインとともに食べたくなる一品です。今回は手作りサルサドレッシングの作り方を添えてレシピをご紹介いたします。

用意する材料

二人分の材料でご紹介します。

  • えび…8~10尾
  • 塩…少々
  • 黒こしょう…少々
  • レタス…3枚
  • 大玉トマト…1個
  • 手作りサルサドレッシング(後述)…全量

えびは生の物を買ってきて茹でても、ボイル済みの物を用意してもどちらでも構いません。準備する時間が無いという方はボイル済みの物を選びましょう。

サルサドレッシングの作り方

サルサドレッシング

  • 玉ねぎ…20g
  • セロリ…20g
  • きゅうり…30g
  • パプリカ(赤もしくは黄)…20g
  • オリーブオイル…大さじ2
  • レモン果汁…大さじ1/2
  • 塩…小さじ1/5
  • 黒こしょう…少々
  • タバスコ…少々
  • にんにくのみじん切り…少々

1.ボウルにオリーブオイル、レモン果汁、塩、黒こしょう、タバスコ、にんにくのみじん切りを加えてよく混ぜ合わせます。にんにくとタバスコを入れすぎると辛味が強くなってしまうので、少量ずついれてお好みで調節してください。

2.筋を取ったセロリを2cm角に、玉ねぎを2cm角に、キュウリを3cm角に、パプリカを2cm角に切ります。ボウルに野菜を加えてよく混ぜたら完成です。

えびのサルササラダの作り方

1.エビは背ワタを取り、お湯に酢、塩を少々加えて約1分茹でます。(ボイルしたえびを購入してきた方は1をとばして2へ)

2.ボイルしたエビに塩、黒こしょうを振ります。

3.トマトのヘタを取り、くし切りにします。レタスはひと口大にちぎります。

4.器にレタスを盛り付け、その上にトマト、えびを並べます。最後にサルサドレッシングをかけて完成です。

えびのサルササラダ 全体

えびのサルササラダ コツ・ポイント

  • ピリ辛がサルサドレッシングの美味しさのポイントですが、タバスコとにんにくを入れすぎると辛味が強くなるため少量ずつ入れてお好みで調節してください。
  • サルサドレッシングには黄色と赤色で味が大きく変わるものではありませんので、料理の彩りに合わせて色をお選びください。今回はサラダにトマトが入っていたため、黄色のパプリカを選びました。

いつものサラダと一味違う!特別なドレッシングを作る方法

ドレッシングにほんの少し混ぜるだけで、燻製の豊かな風味をプラスします。

食品調味料販売員カセが見つけた「燻製の香り」+「オリーブオイル」の珍しい調味料、それが燻製オリーブオイルです。

カセ
ドレッシングに混ぜるだけで燻製の美味しい風味になるから驚きです!

燻製オリーブオイルだけでドレッシングを作ると燻製の風味が強すぎるため、いつものオリーブオイルに1/3だけ混ぜるようにして使うと美味しく仕上がります。

カセ
おもてなしやホームパーティで一味違うご馳走を出したい時にオススメです。

 

▼燻製オリーブオイルの詳細はコチラ▼


「燻製オリーブオイル」商品ページを確認する