魚醤を使った絶品ペペロンチーノの作り方、レシピ

ペペロンチーノ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【この記事を書いた人】カセ
食品調味料販売に携わりながら、「お客さんに知ってもらうためには自分で料理できなきゃ意味がない!」の精神で料理を学んでいます。調理に関する気付きを日々発信しております。⇒【詳しいプロフィールはコチラ

「お土産・贈り物で魚醤(いしり、しょっつる、いかなごしょうゆなど)をもらったけどどうやって使っていいのかわからない…」とお悩みの方、ご安心ください。味は醤油に似ておりますが、塩気が強く、魚の風味が味と香りに色濃く出ているのが魚醤です。今回は魚醤を使った簡単美味しいペペロンチーノの作り方をご紹介致します。濃い口の醤油とだしが入ったような日本人好みの和風ペペロンチーノに仕上がります。

※しょっつる、いしり、いかなごしょうゆは全て魚醤の種類であり、味の傾向が似ているためほぼ同様の分量でお使いいただけます。

用意する材料

二人分の材料でご紹介します。

  • にんにく…2片
  • 赤唐辛子…1本(辛いのが苦手な方は0本~0.5本にしましょう)
  • オリーブオイル…大さじ3
  • 魚醤…小さじ2

魚醤は非常に塩分の強い醤油のような味ですので、きっちり量を計って使用しましょう。小さじ2は約10mlです。二人前に対して赤唐辛子一本でもかなり辛味が強いので、苦手な方は0本~0.5本にしましょう。

カセおすすめの魚醤

タラ魚醤うわてん

食品調味料販売員としていろいろな魚醤を食べ比べしましたが、その中でも秋田のタラ魚醤「うわてん」がオススメです。

魚醤は全国各地の漁場により原料がバラバラのため(イカ、アジ、イワシ、サバ、エビ、ハタハタ、アユなど地域により異なる)、味も大きく変わるのですが、その中でも「生臭さが少なく」「ダシのような旨味成分がしっかり残っている」タラ魚醤のうわてんをオススメしています。

カセ
タラ魚醤「うわてん」がオススメです。

スパゲッティの茹で方

二人分の材料でご紹介します。

  • スパゲッティ(1.7mm)…160g~200g
  • 水…5リットル
  • 塩…40g

調理の際に塩、こしょうで味付けをしないペペロンチーノは、茹で汁に多めに塩を入れて茹でながら麺に塩味を付けます。しかし、今回の和風ペペロンチーノは後から魚醤を入れるため、通常のペペロンチーノよりも塩を少なめで味を調整します。

鍋にたっぷりの水5リットルと塩40gを加え、麺全体がつかるようにして表記時間よりも1分短めに茹でます。これは後でフライパンでオリーブオイルと麺を和えるため、余熱で火が通るためです。

和風ペペロンチーノの作り方

1.にんにくの皮をむき、芽を切り取ってから縦に半分に切ります。赤唐辛子は半分に切りましょう。

2.鍋に湯を沸かし、たっぷりのお湯と少量の塩で麺を茹で始めます。後から魚醤を入れるため、通常のペペロンチーノよりも塩を少なめにゆでましょう。茹で時間はスパゲッティの袋の表記時間より1分短めにしましょう。

3.麺が茹で上がったら、ザルに取りましょう。茹で汁は後で使うので、お玉一杯分ぐらいを別皿に分けておきます。

4.フライパンにオリーブオイル、にんにく、赤唐辛子を入れ中火で温めます。にんにくを焦がさないように注意しましょう。

オリーブオイルとにんにくを炒めます

5.にんにくの周りに細かい泡が立ち始めたら、スパゲッティ、茹で汁、魚醤小さじ2を加えて全体を和えるようにして炒めます。茹で汁は麺を入れるのと同じタイミングで入れると良いでしょう。麺より先に入れると油が跳ねる場合があります。茹で汁とフライパンの中のオリーブオイルが1:1ぐらいになるように茹で汁の量を調整して入れましょう。30秒~1分ほどサッと和えればOKです、炒めすぎないように注意しましょう。

オリーブオイルと麺を和えます

6.火を止めて味見をし、お好みで仕上げにオリーブオイルを回しかけて完成です。冷めると味が落ちますので、なるべく熱々のうちにたべましょう。

ペペロンチーノ

和風ペペロンチーノのコツ・ポイント

  • 後から魚醤を入れるため、少な目の塩で麺を茹でましょう。
  • 茹で上がる直前の、デンプンの溶けだした茹で汁を別皿に取っておきましょう。
  • 麺とオリーブオイルを混ぜる際に一緒に茹で汁を入れると、オイルが麺によく絡みます。
  • 茹で汁の量はオリーブオイルと1:1ぐらいになるように調節しましょう。
  • 魚醤は醤油よりも味が濃いため、きっちり分量を量って入れましょう。小さじ2(10ml)となります。
  • フライパンの上で麺を長い時間炒めてしまうと、水分が飛んでしまうため、30秒~1分ほどでサッと和えましょう。
  • 冷めると味がガクンと落ちるため、熱々のうちに食べましょう。

魚醤選びについてはコチラ→プロが選ぶ!本当に美味しい魚醤ランキング

魚醤を使ったその他レシピはコチラ→美味しすぎる!魚醤を使った人気レシピ【まとめ】

秋田県の名物、しょっつるについて→秋田名物しょっつるについて、美味しい食べ方・レシピ紹介


全国7種の魚醤の中から選んだ、一番美味しい魚醤を教えます!

魚醤って沢山種類があるけど何を選べば良いのかわからい…

そんな方のために、全国7種の有名魚醤を実際に取り寄せて選んだ一番美味しい魚醤をご紹介致します!

  • 魚介の旨味をしっかり残しつつ
  • 魚の生臭さをキッチリ抑えた
  • タラ魚醤うわてんがオススメです!

 

▼鱈魚醤うわてんの詳細はコチラ▼


鱈魚醤「うわてん」を確認する